SPECIAL CONTENTS

スペシャルコンテンツ

2021.02.10

【コラム】今のメイクに物足りなさを感じていませんか?マスクをしたときに気を付けるメイクのポイント

こんにちは!ヘアメイクアップアーティストの中村恵です。

マスクで過ごす時間が増え、自分の顔やメイクになんだか物足りなさを感じている方も多いのではないでしょうか。
今日はそんな方に向けてマスクでも華やかに、そして若々しく見えるメイクテクニックをご紹介致します。

マスク時期だからこそ、今までのメイクのマンネリを解消するチャンスです!

————————————————–

<目次>

【1】なんで物足りなく見えるの?

【2】アイメイクで華やかさをプラスするのが旬

   2-1 トライすべきは暖色系アイシャドウ

   2-2 デカ目効果だけじゃない!カラーライナーで楽しむアイメイク

   2-3 涙袋メイク、侮るなかれ

【3】マスクの形にあわせて変化させるアイブロウメイク

【4】顔色も重要。ベースメイクカラーの重要性

【5】さいごに

————————————————–

【1】なんで物足りなく見えるの?

マスク生活になる以前は、リップカラーやチークカラー等、全体の色要素でメイクバランスが整っていました。
マスクをした場合、その要素が一気に少なくなってしまうので、血色や立体感を表現するすべがなくなってしまい、物足りなさを感じてしまいます。

例えば、リップメインのメイクや、血色感のあるチーク、艶感のある肌はマスクによって隠されてしまうので、他の方法でお顔に華やかさを演出しなければなりません。
マスクからでている部分の演出次第で、若々しく華やかにみえるかがきまってきます。

 

【2】アイメイクで華やかさをプラスするのが旬

2-1 トライすべきは暖色系アイシャドウ

まずは、マスクメイクで印象を決めるアイシャドウのカラーや質感を変えてみることからはじめましょう。

ブラウンのアイシャドウを使っている方は、暖色系のカラーアイシャドウにトライしてみてください。それだけでぱっと印象が明るくなりますよ。
カラーが取り入れにくい方は、ブラウンの中でも、ピンク系のブラウンやオレンジ系のブラウンのように少し色味の入ったブラウンもオススメです。

マットのアイカラーを使っている方は自然な艶の出るアイシャドウを使ってみましょう。
ラメではなく、パール系の艶感のあるアイシャドウは目元を上品に、且つ立体的に見せてくれます。

2-2 デカ目効果だけじゃない!カラーライナーで楽しむアイメイク

目元にカラーを使ったら、アイラインも変化をつけましょう。
黒で締めるアイメイクも素敵ですが、ブラウンのアイライナーを使うことで抜け感のある旬なアイメイクとなります。

時にはカラーライナーで、いつものメイクより遊び心のあるアイメイクにトライしても楽しいと思います。
カラーライナーを使う際は、いつものブラウンアイシャドウ+暖色系アイライナーもオススメですが、あえてアイシャドウと同系色のカラーライナーを使うと、さりげなく柔らかい目元になります。

2-3 涙袋メイク、侮るなかれ

上まぶただけでなく、下まぶたにもワンテクニック入れましょう。
カラーや陰影を入れることで立体感が生まれ、目の印象がガラッと変わります。

特に、若い世代によく取り入れられる涙袋メイク。
マスクで過ごす今のアイメイクには、大人も取り入れられるテクニックです。

大人メイクの場合、白や大きなラメのアイシャドウを避け、自然なパールの明るめなアイシャドウを涙袋に入れる事で、目元に立体感が生まれると同時に、レフ版効果によって瞳が輝いて見え、若々しい目元の印象になります。

 

【3】マスクの形にあわせて変化させるアイブロウメイク

マスクをつけたときに描く眉毛、いつもと同じはNG!です。
マスクの形に合わせて描き分けることで、お顔の表情の見え方がかわります。

<マスクの上部が平行なタイプ>
不織布のマスクは横に平行の折り目がついている為、顔が平面的に見えがちです。
一時期、平行眉が流行りましたが、このタイプのマスクにおいてはNG。
あえてカーブを付けた緩やかな上がり眉の方が表情豊かに見え、顔の立体感も出ます。

<マスクの上部が山型のタイプ>
いわゆる立体マスクですが、このタイプのマスクは小顔に見える反面、表情はシャープにややきつく見えがちです。とは言え、平行眉にしてしまうとのっぺりとした印象になってしまうので、眉山は丸い弓なりの柔らかい印象の眉にかきあげる事をオススメします。

 

【4】顔色も重要。ベースメイクカラーの重要性

マスク生活になり、何だか顔がくすんで見える事はありませんか?
マスクの色は肌の色より白いので、対比で顔がくすんで見える事もありますし、
濃い色のマスクは逆にクマや影感を強調してしまうので粗が目立ちます。

それを理解した上ベースメイクをしましょう。
下地をややピンク系のものに変え、時間が経ってもくすみにくい肌作りをしましょう。
おでこの丸みを強調するようにハイライトを用いたり、目の下にも少しだけハイライトを仕込むことにより、マスクでも立体感と透明感のあるベースメイクとなります。

 

【5】さいごに

どんなメイクをするときも、客観的にみてどう見えるかを理解することが大切です。

どんなマスクをつけるかによっても変わってきますが、顔色やマスクから出ている部分のメイクバランスで、印象は大きく変わってきます。
また、マスク期だからこそ思い切っていつもと違うメイクを楽しんだり、挑戦したりすることができます。

マスクだからと手を抜かず、これらのポイントをおさえ、毎日のメイクを楽しんでくださいね。

 

————————————————–

中村 恵  (MEGUMI NAKAMURA)

美容室での勤務を経て、2015年アトリエはるか入社。2018年Echika表参道店の店長に就任。安定した技術とセンスでお客様からの支持も厚く、月間120件を超える指名件数で、全国指名No.1を誇る。2020年6月からアーティストチーム(CREATION)のメンバーに。現在は、ファッション関係の撮影をメインに活動している。

■ 中村 恵 Instagram
https://www.instagram.com/atelierharuka_nakamura.m/

■ アトリエはるか公式 Instagram
https://www.instagram.com/atelierharuka_official/

BACK TOP