SPECIAL CONTENTS

スペシャルコンテンツ

2021.10.01

【垢抜けヘアメイク企画】 〜ミドル世代の美眉カット〜 vol.2

こんにちは!ヘアメイクアップアーティストの佐藤敦俊です。

皆さんは、“今っぽいメイク”について考えたことはありますか?

というのも、ミドル世代のお客様から、
「自分に似合う眉の形がわからない」
「昔からメイクの方法を変えてないけど、それで良いのかわからない」
といったお声をよく聞きます。

そして、今流のやり方を目にしても、“はたして自分に似合うのか”といったところがネックになってきますよね。

なので今回、ミドル世代の方にモデルになっていただき、プロの目線から見たその方にあった“今っぽいメイク”をご提案する、垢抜け企画を行っていきたいと思います。


「ミドル世代の美眉カット」 Vol.2

今回のモデルさんのお悩みは
・眉毛の角度をなだらかにしたい
・やわらかい印象にしたい
とのことでした。
早速こちらの動画をご覧ください!


いかがでしたか?

昔抜いていたところが生えてこず、眉毛の角度をなだらかにしたいけど、自然に描けない、、というお悩みの方は多いのではないでしょうか。
眉毛が生えにくい部分にはペンシルを使用し自然に描き足し、アイブロウパウダーや眉マスカラののせ方や色選びで柔らかい雰囲気に近づけていくことができます。

また、今回のモデルさんは柔らかな毛質で、一見眉カットが必要ないようにみえますが、眉山と眉頭の下部分の毛を数本カットしたり、コームを使って毛足をそろえるようカットすることで、理想の眉に近づき、整った印象にすることができます。

意外と眉カットは重要なんですよ!

ほとんどの方は顔の筋肉、骨格、そもそもの眉毛の生え方が左右対象ではないので、まずは自分の眉の特徴を知ることで、描くべきところがわかってきます。
自分で分からなければプロの力に頼ることも一つの手ですよね!是非自分の眉毛の描き方をアップデートしてみてください。

次の記事では

「昭和女子の垢ぬけ令和メイク!」をご紹介します!


————————————————–

佐藤 敦俊  (ATSUTOSHI SATO)

ヘアメイクアーティストのアシスタントを経て2004年にアトリエはるかに入社。その後アパレルブランドの専属アーティストとして上海を拠点に中国全土、香港で活躍。アパレル販売員へのヘアメイク研修やイベント、ショー、撮影などに携わる。2015年に帰国。現在は、TV、広告、セミナー等幅広く活動。

■ 佐藤 敦俊 Instagram
https://www.instagram.com/atsutoshi_sato/?igshid=9i3iblculdrk

■ アトリエはるか公式 Instagram
https://www.instagram.com/atelierharuka_official/

BACK TOP