SPECIAL CONTENTS

スペシャルコンテンツ

2021.11.01

【垢抜けヘアメイク企画】 〜昭和女子の垢抜け令和メイク〜 vol.2

こんにちは!ヘアメイクアップアーティストの佐藤敦俊です。

皆さんは、“今っぽいメイク”について考えたことはありますか?

というのも、ミドル世代のお客様から、
「自分に似合う眉の形がわからない」
「昔からメイクの方法を変えてないけど、それで良いのかわからない」
といったお声をよく聞きます。

そして、今流のやり方を目にしても、“はたして自分に似合うのか”といったところがネックになってきますよね。

なので今回、ミドル世代の方にモデルになっていただき、プロの目線から見たその方にあった“今っぽいメイク”をご提案する、垢抜け企画を行っていきたいと思います。


「昭和女子の垢抜け令和メイク」 Vol.2

今回のモデルさんのお悩みは
・一重が嫌でアイラインをしっかり入れてしまうがナチュラルにしたい
・はたしてこのメイクで良いのかわからない
とのことでした。
早速こちらの動画をご覧ください!


いかがでしたか?

一重で隠れてしまうから、アイラインを太くしっかり引かないと、、、と思っている方多いのではないでしょうか。
今回のやり方をすれば、目を開けた時、自然にブラウンのグラデーションが見え、垢抜けた印象になりますよ!

また今回は、「はたしてこのメイクでいいのか、、、?」といった漠然としたお悩みでしたが、今の自分に何かしらの違和感を感じた時がメイクのアップデートのサインです。

自分のメイクを見直すタイミングは、普通に過ごしていたらなかなか無いものですが、今回の記事がその見直すきっかけになれたら嬉しいです。


————————————————–

佐藤 敦俊  (ATSUTOSHI SATO)

ヘアメイクアーティストのアシスタントを経て2004年にアトリエはるかに入社。その後アパレルブランドの専属アーティストとして上海を拠点に中国全土、香港で活躍。アパレル販売員へのヘアメイク研修やイベント、ショー、撮影などに携わる。2015年に帰国。現在は、TV、広告、セミナー等幅広く活動。

■ 佐藤 敦俊 Instagram
https://www.instagram.com/atsutoshi_sato/?igshid=9i3iblculdrk

■ アトリエはるか公式 Instagram
https://www.instagram.com/atelierharuka_official/

BACK TOP