• home
  • column
  • これで完璧!ベースメイクの手順やアイテムの選び方を徹底解説!

これで完璧!ベースメイクの手順やアイテムの選び方を徹底解説!

/ Special
メイクのノリや仕上がりは、ベースメイクの質で決まります。
それくらいベースメイクは重要であり、女性が持つ「美」を引き出すためには欠かせないものなのです。
とはいえ、ベースメイクについて指導を受けたり、アドバイスを貰ったりする機会はそう多くなく、中には「どうすればいいのかわからない・・・」と悩んでしまっている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、ベースメイクの手順やアイテムの選び方について詳しく解説していきます。

ベースメイクの重要性


冒頭でも解説したように、ベースメイクはメイクのノリや仕上がりに大きく影響します。
正しい方法でベースメイクを行うことにより、肌のトーンを均一に整え、シミやニキビなど多くの方が抱える肌悩みをカバーしてくれるため、イメージ通りの仕上がりになるのです。

この記事を見ている方の中には、
「メイクに時間をかけているのに、中々イメージ通りにならない」
と悩んでいる方もいると思いますが、そのような方はもしかしたらベースメイクのやり方が間違っているのかもしれません。

ベースメイクは簡単そうに見えて意外と難しいため、今回紹介する内容をしっかりと覚えて日々のメイクに活かしていきましょう。

ベースメイクの秘訣は「下準備」にあり!

ベースメイクの質を上げるためには、下準備を徹底的に行う必要があります。
特に重要な下準備は、以下の2つです。
・洗顔で余分な皮脂を洗い流す
・スキンケアで肌に潤いを与える
それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

ステップ1:洗顔で余分な皮脂を洗い流す
ベースメイクをする前に、まずは洗顔をして余分な皮脂を洗い流しましょう。
余分な皮脂が残ってしまっていると、メイクの大敵となるテカリの原因になります。
また、メイク崩れも引き起こしやすくなりますので、丁寧に洗顔をしておくのがおすすめです。
洗顔のコツは以下の通り。
・手ではなく「泡」で洗うイメージ
・ぬるま湯もしくは水でしっかりとすすぐ
・ごしごしこすらず、タオルを押し付けるように水気をふき取る

ステップ2:スキンケアで肌に潤いを与える
洗顔が終わったら、続いてはスキンケアです。
ご存じの方も多くいると思いますが、洗顔をすると必要な皮脂までごっそり落ちてしまいますので、乾燥によるダメージを受けやすくなります。

スキンケアを行うことによって、肌の水分と油分のバランスを整えられるため、ベースメイクの質がグッと高くなるのです。

スキンケアのコツは以下の通り。
・化粧水でしっかりと保湿する
・乳液もしくはクリームで水分を閉じ込める

ベースメイクの基本手順

洗顔とスキンケアが終わったら、いよいよベースメイクに入っていきます。
冒頭でも解説したように、ベースメイクについてプロから指導やアドバイスを受ける機会はそう多くないため、中には見よう見まねで行っている方もいるでしょう。

そのような方は、これから紹介する手順を参考にしながら、丁寧にベースメイクを行ってみてください。

1:日焼け止め
美容の大敵である紫外線から肌を守るためには、日焼け止めが必須です。
ベースメイクを行うときは、真っ先に日焼け止めを塗りましょう。
ポイントは、
・額
・両ほほ
・鼻
・顎
の5か所に日焼け止めをおいて、顔の中央から外側に向かって塗ることです。

2:化粧下地(コントロールカラー)
日焼け止めを塗ったら、続いては化粧下地を伸ばしていきます。
先ほど紹介した5点に化粧下地を置き、顔全体にまんべんなく伸ばしていきましょう。
この時に、コントロールカラーを部分的に使う場合はムラになりやすいため、スポンジもしくは筆で丁寧に馴染ませてください。

近年では、化粧下地と日焼け止めがセットになっているタイプもあり、このようなアイテムを使えば効率的にベースメイクを行えるようになります。

3:ファンデーション
ファンデーションを塗るときは、顔の内側から外側に向かって塗っていきます。
そうすることによって、メリハリを持たせられるようになるため小顔効果を狙いやすくなるのです。
また、手で塗ってもいいのですが、ファンデーションのノリを良くしたい場合は、ブラシもしくはスポンジなどの専用アイテムを使いましょう。
そうすることによって、ファンデーションのカバー力を引き立たせやすくなります。

4:コンシーラー
コンシーラーは、顔全体に塗るのではなく、気になるところだけに使うのがポイントです。
顔全体に塗ったり、量が多すぎたりするとメイクが崩れやすくなりますので注意してください。

ただし、パウダータイプのファンデーションを使う場合は「コンシーラー→ファンデーション」という順番になりますので覚えておいてください。

5:フェイスパウダー
リキッドタイプのファンデーションは、パウダータイプのファンデーションに比べてメイク崩れしやすいため、フェイスパウダーで保護します。
メイク崩れしやすい部分を中心に、専用のブラシでふんわりと塗っていきましょう。

近年では、皮脂分泌を抑える効果のあるフェイスパウダーも出ていますので、ぜひチェックしてみてください。

6:ハイライト・シェーディング
メイクにメリハリを持たせたい場合は、ハイライトとシェーディングを使いましょう。
立体的に見せたい部分にハイライトを塗り、目立たせたくない場所にシェーディングを塗ることによって、メイクにメリハリを持たせられます。

ベースメイクアイテムの正しい選び方は?

女性にとって、ベースメイクアイテムは非常に重要なものであり、どのようなアイテムを使うかによってメイクの仕上がりが大きく変わります。
とはいえ、近年では数えきれないほどのアイテムが登場していますので、
「どれを選べばいいの?」
となってしまっている方も多くいるでしょう。

そのような方は、以下のポイントを参考にしながら自分に合ったベースメイクアイテムを探してみてください。

肌質で選ぶ
ベースメイクアイテムを選ぶときは、肌質に注目する必要があります。
どれだけ評判の良いアイテムでも、自分の肌質に合っていなければ宝の持ち腐れです。
乾燥肌の方は潤いを保てるしっとりとしたアイテムを、脂性肌の方は皮脂をコントロールしてくれるサラッとしたアイテムを選ぶことにより、ベースメイクのノリや仕上がりが良くなります。

また、敏感肌の方は低刺激タイプのものを中心に選ぶようにしましょう。

肌色で選ぶ
ベースメイクアイテムを選ぶときは、肌色に注目することが大切です。
肌色に合っていないアイテムを使ってしまうと、白く浮いたり、顔色が悪く見えたりしますので注意してください。

特に、ファンデーションは広範囲に塗るアイテムであり、仕上がりに大きく影響してきますので、自分の肌色を把握し、それに合ったものを選ぶようにしてください。

悩みに合ったものを選ぶ
多くの女性は、メイクや肌に関して何らかの悩みを持っています。
例えば、
「もう少しトーンアップしたい」
「毛穴を隠したい」
などです。

ベースメイクアイテムを選ぶときは、ひとまず自分の悩みを明確にして、その悩みをカバーしてくれるようなアイテムを探すことが大切です。
そうすることによって、満足のいく仕上がりに期待できるようになります。

使用感で選ぶ
メイクはほぼ毎日行うものですので、使用感に注目することも大切です。
機能性に優れていても、使用感が自分の好みと合っていなければストレスを感じやすくなります。
好みの使用感でアイテムを選ぶことにより、メイクを心から楽しめるようになるのです。

使用感については好みが大きく影響してきますので、自分が「これだ!」と思えるものを慎重に探していきましょう。

ベースメイクの質を上げるポイント

では次に、ベースメイクの質を上げるポイントを紹介していきます。

スキンケアが肌に馴染んでから日焼け止めや下地を塗る
忙しい朝は、できるだけ早くメイクを終わらせたいですよね。
中には、スキンケアが終わった後すぐにベースメイクに入ってしまっている方もいるでしょう。
ただ、スキンケア直後のベタベタの肌にベースメイクを施すと、メイク崩れやヨレの原因となります。
ベースメイクの質を上げるためにも、日焼け止めや下地は化粧水や乳液が馴染んでから行うようにしてください。

ファンデーションの塗り方に注意
ファンデーションは、塗り方によって仕上がりが大きく異なります。
綺麗に仕上げるためには、顔の中心から外側に向かって塗っていくのがおすすめです。
そうすることによって、中心部分は濃く、外側に向かうにつれて薄くなるため、仕上がりにメリハリを持たせられるようになります。

コンシーラーは使い分けが大事
コンシーラーは、肌悩みを抱えている方の心強い味方です。
そんなコンシーラーの役割や効果を引き立たせるためには、使う部分によってテクスチャーを変えるのがおすすめです。
例えば、口周りなど頻繁に動かす部分にはリキッドタイプ、あまり動かない部分には固形タイプというように使い分けると、メイク崩れを防ぎやすくなります。

スポンジを使う
下地やコントロールカラー、ファンデーションを塗るときに手を使っている方も多くいるでしょう。
もちろん、手で塗る方法も間違いではないのですが、綺麗に仕上げたいならスポンジを使うのがおすすめです。
スポンジを使うことによって、肌へのフィット感も高められますし、厚塗りも防げるようになります。

ファンデーションの前にチークを仕込む
明るい雰囲気を演出したいときは、ファンデーションの前にチークを仕込んでみましょう。
そうすることによって、血色感のある自然なベースメイクに仕上げやすくなります。
この時は、パウダータイプではなく、クリームもしくはリキッドタイプのチークがおすすめです。
パウダータイプだとムラができやすくなりますので注意しましょう。

まとめ

ベースメイクは、メイクにおける基本であり、正しい方法で行わないとパッとしない仕上がりになったり、すぐにメイクが崩れたりしてしまいます。
とはいえ、ベースメイクのやり方に関するアドバイスや指導を受けられる機会はそう多くないため、見よう見まねで行っている方もいるでしょう。

そのような方は、今回紹介した手順を参考にしながら、正しい方法で丁寧にベースメイクを行ってみてください。

おすすめ記事&メニュー

もっと美容情報や商品の情報が知りたい!
という方は、美容に関する情報が満載のmiiiiteをチェック!!
メイクアップのテクニック、髪型アイデア、スキンケアの秘訣、トレンドコスメ情報など、美容に関する情報が満載♡
美容に関心のある女性必見のコンテンツが盛りだくさん!
特に、お悩み別にオススメのアイテムが紹介されているので、気になる方は是非チェックしてみてください!

miiiite
▶miiiite(ミーテ)は今を生きる女性向けWEBメディア 美容・ファッション・エンタメ情報サイトです。

・オススメコラム
【浴衣に似合うアレンジ!】ヘアアレンジ9選&自分でできる簡単セルフアレンジ3選

・ヘアカタログ
https://www.haruka.co.jp/gallery/hair/

・公式HM Instagram
https://www.instagram.com/atelierharuka_official/?hl=ja